福岡福祉向上委員会

記事一覧(72)

【「怒りと向き合う秘技を身につけたり!」第14回福福セミナーのご報告】

誰しも持つ「怒り」という感情。この怒りとしっかり向き合うことにより、自分が変わり、周りが変わり、社会が変わっていくのではという学びをさせていただきました。今回のテーマは、「怒りと上手につきあう秘技をプレゼントします!~福祉職に捧げるバレンタインアンガーマネジメント講座」、講師はアンガーマネジメント専門家の丸山 啓太さん(マルプロ代表)でした。参加者14名。なごやかな雰囲気でセミナーを開催いたしました。「6秒」「怒りの温度」「アンガーログ」今日からでも実践できる内容を、丸山さんは具体的に丁寧に伝えて下さいました。そして、私たちを怒らせている正体も解明することが出来ました。理想と現実のギャップ。自分と他人の価値観の違い。少しだけ、そこに意識を向けることで、怒る必要が無くなるわけですね。人を許容する円を大きく大きくする。これって、「注文をまちがえるめんたい屋さん」と同じ考え方。「まあ、いいかっ」って思える自分、思える社会となればいいですね。虐待、いじめ、パワハラ・・・このようなものが社会から無くなるために。怒りと上手に向き合ってまいります。セミナー後の懇親会では、学びを振り返り、今までの自分を反省しきり参加者も。そんな気付きが多く生まれたセミナーでした。では、次回のイベントの予告です。平成31年3月19日(火)の第14回福福おしゃべり庭。テーマは「(仮)それが大事 ~自分の価値観を見つめてみよう~ダメになりそうな時、どれが大事?」。ファシリテーターは塩塚豊さん(社会福祉法人シティ・ケアサービス)。福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。ご興味ある方はお気軽にご参加くださいませ。これからも、とにかく丁寧に。そしてゆるやかに。委員会の存在がじんわりと浸透していくことを願っております。そして、どこかの誰かの支えになれればと。福岡福祉向上委員会 大庭欣二

第14回福福セミナーのご案内「怒りと上手につきあう秘技をプレゼントします!~福祉職に捧げるバレンタインアンガーマネジメント講座」

福岡福祉向上委員会「第14回福福セミナー」開催のお知らせです。第14回のテーマは、、「怒りと上手につきあう秘技をプレゼントします!~福祉職に捧げるバレンタインアンガーマネジメント講座」です。講師はアンガーマネジメント専門家の丸山 啓太さん(マルプロ代表)。2月14日(木)19時~20時 会場は赤坂のOnRAMPサロンです。(中央区大名2-4-22新日本ビル3F)「バレンタインデーに企画しないでよ~!」何て言わないでください<m(__)m>聴いて損はさせません!一般参加は1000円、メンバー・学生参加費は500円。(当日の入会も可能です。年会費1000円)セミナー終了後の20時~21時、同会場にて講師、委員を交え、懇親会を行います。こちらは会費1000円です。お酒・おつまみを軽く準備させていただきます。定員20名ですが、会員先行受付させていただいてますので、残り15名様にて締め切らせていただきますので、お早目にお申込み下さい。福祉業界において、怒りの感情を抑えきれない例はたくさんあります。利用者さんへの虐待や職員同士のぶつかり合いによる退職などに繋がる極端なケースも残念ながら見受けられます。怒りは人間がだれでも持っている、ごく当たり前の感情ですので無くすことはできません。そもそも怒ることは悪いことではありません。しかし使い方を間違うと人間関係を壊したり、人を傷つけることもあります。怒りの感情と上手に付き合う方法を身に付け、後悔のない怒り方を身に付けましょう!」バレンタインデーの2月14日、皆さまたちへの丸山講師からの素敵なセミナーのプレゼントです。このセミナーを受講することで、これからの自分自身や周辺が大きく変わるかもしれませんね。あっという間に埋まりそうなので、2月のシフトが固まらないうちに、参加できるようにスケジュールを空けてくださいませ~。参加希望者は、fukufukuupup@gmail.comへ「第14回セミナー参加希望」と「お名前」「所属」「役職」「メールアドレス」「携帯番号」「懇親会の出欠」を明記の上、メールを送付ください。なお、参加は会の趣旨に基づき、福祉従事者を優先させていただきますことをご了承ください。当委員会からの返信をもって、正式な参加決定とさせていただきます。携帯メールをご利用の方は、上記アドレスからの受信が可能な状態に設定をお願いいたします。お問い合わせも、上記のアドレスへどうぞ!定員20名いっぱいとなる前の、お早目のお申し込みをお勧めいたします。福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております

【カフェの花が満開に咲く予報です!!】

第3回福福読書会のご案内「残業学 ~明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?~」

福岡福祉向上委員会「第3回福福読書会」開催のお知らせです。好評につき、さっそくの第3弾!新春企画です!今回は倉員・大谷両氏との共催でございます。ファシリテーター:倉員知子さん(福岡市保健福祉局 福祉人材検討担当主査)大谷直紀さん(倉員さんのご友人)昨年末に、京都における「本家」のActive Book Dialogue認定ファシリテーター講座を受けたお2人によるABD読書会。委員会としては珍しく日曜日の午前中に実施いたします。今回の題材は「残業学 ~明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?~」(光文社新書・著者 中原 淳氏・ パーソル総合研究所)「働き方改革」が叫ばれる今、働く側も経営者も意識の転換が必要なのかもしれません。福祉事業所も同様ですね。職員のボランタリティに頼る時代は、すでに終わっています。早く気付かなければ、手遅れになりますよ。残業の実態を莫大なデータに基づき解析したこの本を読んで、2019年に自身の「働き方改革」を行ってみませんか?ABD(Active book dialogue)方式で読みますので、本だけ持参していただければ、読まずに参加しても大丈夫です。読んでてくれたら、モアベター。ファシリの倉員さん・大谷さんと一緒にゆっくりと読み解いていきます。本は購入されて、持参してくださいね。1月27日(日)10時~12時 会場は赤坂のOnRAMPサロンです。(中央区大名2-4-22新日本ビル3F)一般参加は500円、メンバー・学生参加費は300円。(当日の入会も可能です。年会費1000円)ソフトドリンクとお菓子を軽く準備させていただきます。定員20名です。少人数で一緒に読書を楽しみましょう。参加希望者は、fukufukuupup@gmail.comへ「第3回読書会参加希望」と「お名前」「所属」「役職」「携帯番号」を明記の上、メールを送付ください。当委員会からの返信をもって、正式な参加決定とさせていただきます。携帯メールをご利用の方は、上記アドレスからの受信が可能な状態に設定をお願いいたします。お問い合わせも、上記のアドレスへどうぞ!福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。

【「前向きは技術!」第13回福福セミナーのご報告】

セミナーを終えたときの講師の晴れやかな笑顔、それに呼応したかのような参加者の柔らかな表情。素晴らしい財産をいただけた時間でした。今回のテーマは、「俺は寝たきりになるけれど・・・~福祉職への渾身脱力のエール~」講師は車椅子ライダー/PLS患者の落水洋介さん。参加者26名、そのうち初参加が8名、現役の大学生も参加してくれました。軽妙な語り口の中にある言葉の重さを、これほど感じたことはなかったかもしれません。近い将来に寝たきりになることに対する覚悟がなせる技なのか、それとも自分の生き様を世の中に伝える責任なのか。「自分が同じ立場になったとしたら」そんな想像をしながら、のめり込むように聞き入る参加者たち。涙を浮かべ、そして大きくうなずきながら、自分自身と向き合う姿がそこにありました。文章にできない凄味があります。ぜひ皆さんには直接聞いたいただきたいし、文字では表現できない何かがあります。ですから、ここではこれ以上は書きません。いろいろなところで落水さんはお話をされています。来年1月6日には、コンサートとのコラボイベントもあります。ナマの落水トークを聴いて欲しいと思います。↓1月6日のイベント↓https://www.facebook.com/events/439488939895865/オッチーさん!本当にありがとうございました。そして、参加者のみなさんにも感謝申し上げます。たくさんの方が、昨日感じたことをそれぞれがフェイスブックにあげてくれています。嬉しい限りです。セミナー後の懇親会も、これまた盛り上がり、このまま終わりなく続くのではという心配すらした主催者でした。年明けて、1月は「未来をつくるkaigoカフェ ファシリテーター養成講座 in Fukuoka」こちらは既に満席となっております。福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。ご興味ある方はお気軽にご参加くださいませ。これからも、とにかく丁寧に。そしてゆるやかに。委員会の存在がじんわりと浸透していくことを願っております。そして、どこかの誰かの支えになれればと。福岡福祉向上委員会 大庭欣二

第2回福福読書会のご案内「フィードバック入門 ~耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術~」

福岡福祉向上委員会「第2回福福読書会」開催のお知らせです。第1回が好評につき、さっそくの第2弾です!ファシリテーター:倉員知子さん(福岡市保健福祉局 福祉人材検討担当主査)※写真奥の心配そうな顔の女性です(笑)福福読書会は、第12回福福セミナーのファシリを務めていただいた倉員知子さんとの打ち合わせの中で生まれたスピンオフ企画です。今回の題材は「フィードバック入門 ~耳の痛いことを伝えて部下と職場を立て直す技術~」(PHPビジネス新書・著者 中原 淳氏 )福祉や介護の現場でお悩みの主任さん・リーダーさん。管理職の皆さん!育成やコミュニケーションのヒントを得ませんか?ABD(Active book dialogue)方式で読みますので、本だけ持参していただければ、読まずに参加しても大丈夫です。読んでてくれたら、モアベター。ファシリの倉員さんと一緒にゆっくりと読み解いていきます。本は購入されて、持参してくださいね。書評「年上の部下、育たない若手……多様化する人材に対応できず、部下育成がおろそかになっている現代のマネージャーたち。そんな悩みを解決する、日本の企業ではあまり知られていない人材育成法、それが『フィードバック』。……入門書にして決定版の1冊。」12月20日(木)19時~21時 会場は赤坂のOnRAMP会議室Aです。(中央区大名2-4-22新日本ビル3F)一般参加は500円、メンバー・学生参加費は300円。(当日の入会も可能です。年会費1000円)ソフトドリンクとお菓子を軽く準備させていただきます。定員10名です。少人数で一緒に読書を楽しみましょう。参加希望者は、fukufukuupup@gmail.comへ「第2回読書会参加希望」と「お名前」「所属」「役職」「携帯番号」を明記の上、メールを送付ください。当委員会からの返信をもって、正式な参加決定とさせていただきます。携帯メールをご利用の方は、上記アドレスからの受信が可能な状態に設定をお願いいたします。お問い合わせも、上記のアドレスへどうぞ!福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。

※満員御礼! 第13回福福セミナー開催のお知らせ「俺は寝たきりになるけれど・・・~福祉職への渾身脱力のエール~」

福岡福祉向上委員会「第13回福福セミナー」開催のお知らせです。第13回のテーマは、「俺は寝たきりになるけれど・・・~福祉職への渾身脱力のエール~」。講師は車椅子ライダー/100万人に一人の病気PLS患者の落水洋介さん(愛称オッチーさん)。最近はTV出演などで、メディアへの露出も絶賛増加中です。12月13日(木)19時~20時 会場は赤坂のOnRAMPサロンです。(中央区大名2-4-22新日本ビル3F)一般参加は1000円、メンバー・学生参加費は500円。(当日の入会も可能です。年会費1000円)セミナー終了後の20時~21時、同会場にて講師、委員を交え、懇親忘年会を行います。こちらは会費1000円です。お酒・おつまみを軽く準備させていただきます。定員20名ですが、会員先行受付させていただいてますので、残り14名様にて締め切らせていただきますので、お早目にお申込み下さい。「人生で今が一番楽しい!」そう言い切られるオッチーさん。現在は小中学校でキャリア教育の話をされたり、北九州のデイサービス「つなぐ」さんの広報部長として、ご活躍中です。そんなオッチーさんから委員会の皆さんへ、よりポジティブに生きていき、よりポジティブに発信していくための秘訣を伝授していただきます。明るく朗らかで、そしてユニークなオッチーさんの語りの中には、生きていく尊さや大切さがしっかりと込められています。あっという間に埋まりそうなので、12月のシフトが固まらないうちに、参加できるようにスケジュールを空けてくださいませ~。参加希望者は、fukufukuupup@gmail.comへ「第13回セミナー参加希望」と「お名前」「所属」「役職」「メールアドレス」「携帯番号」「懇親会の出欠」を明記の上、メールを送付ください。なお、参加は会の趣旨に基づき、福祉従事者を優先させていただきますことをご了承ください。当委員会からの返信をもって、正式な参加決定とさせていただきます。携帯メールをご利用の方は、上記アドレスからの受信が可能な状態に設定をお願いいたします。お問い合わせも、上記のアドレスへどうぞ!定員20名いっぱいとなる前の、お早目のお申し込みをお勧めいたします。福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。オッチーさんのブログhttps://ameblo.jp/1982100719821007/

【第13回福福おしゃべり庭のご報告~学生さんの清き想いと向き合えた時間~】

私たちはすぐに「今どきの若いひとは~」だとか、「今の学生は~」と十把一絡げに評価をしがちです。そんな自分を恥ずかしく思い、これからの福祉に大いなる期待と希望を感じた「おしゃべり庭」でした。今回のテーマは、「こんな未来を描きたい!こんな未来を創りましょう!~聴こう。学生のナマの声!語ろう。福祉のこれからを!~」ファシリテーターは福岡介護専門学校校長の小笠原靖治さん。参加者26名、内 現役の介護福祉士養成校の学生さんが8名、留学生も2名参加してくれました。最初は、緊張感漂う学生さんたち。「むむっ!今日のセッションは盛り上がるだろうか?」と心配する大人たち。しかし、小笠原校長の軽妙な導入とグループファシリや大人の皆さんの包み込むような優しさと進行に、次第に緊張が解きほぐれ、学生さんたちも福祉への想いを熱く語り始めました。大人たちも、自分たちが福祉職を目指したきっかけや新人時代の失敗談などを赤裸々に語ってくれ、「お互いに同じベクトルを向きながら、自分たちも楽しみながら、ご利用者たちにも楽しい日々を過ごしてもらいましょう」と、しっかりと誓いあいました。終了後もまだまだ語り足らず、あちこちで想いをぶつけ合う光景に、胸が熱くなりました。ファシリテーターの小笠原校長、ご参加いただいたみなさん、支えていただいている委員の皆さんに厚く感謝申し上げます。では、次回以降のイベントの予告です。平成30年12月13日(木)は第13回福福セミナー。テーマは「俺は寝たきりになるけれど・・・~福祉職への渾身脱力のエール~」講師は車椅子ライダー/PLS患者の落水洋介さん。最近はTV出演などで、メディアへの露出も絶賛増加中です。終了後に講師を交え、プチ忘年会も実施いたします。会場は赤坂のOnRAMPです。そして、好評につき第2回福福読書会。次回は「フィードバック入門」という本を皆で読み解いてまいります。平成30年12月20日(木)19時から、会場は赤坂のOnRAMPです。いずれも詳細は後日、告知いたします。お楽しみに!福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。ご興味ある方はお気軽にご参加くださいませ。これからも、とにかく丁寧に。そしてゆるやかに。委員会の存在がじんわりと浸透していくことを願っております。そして、どこかの誰かの支えになれればと。福岡福祉向上委員会 大庭欣二

※満員御礼 第13回福福おしゃべり庭のご案内「こんな未来を描きたい!こんな未来を創りましょう!~聴こう。学生のナマの声!語ろう。福祉のこれからを!」

福岡福祉向上委員会「第13回福福おしゃべり庭」開催のお知らせです。第13回のテーマは、「こんな未来を描きたい!こんな未来を創りましょう!~聴こう。学生のナマの声!語ろう。福祉のこれからを!~」ファシリテーターは小笠原靖治さんです。(社会福祉法人敬愛園 福岡介護福祉専門学校 理事・校長、福岡県介護福祉士会 理事・福岡支部長)福祉の担い手不足が叫ばれる昨今、さまざまな施策を行政は打ち出しています。しかしながら、なかなかカンフル剤は見当たらないのが現状です。そんななか、当委員会では学生を招き、福祉が選ばれる職場であるためにどうあるべきであるのかを、共に本音ベースで語り合う場を作りました。学生から福祉従事者へ福祉従事者から学生へお互いのやり取りの中から、これから目指すべきものややるべきことを見つけたいと考えています。日時は11月20日(火)19時~20時30分、 会場は赤坂のOnRAMPサロンです。(中央区大名2-4-22新日本ビル3F)学生さんは無料!メンバーさんの参加料は500円です!一般の方は1000円。当日の入会も可能です。(年会費1000円)定員は20名ですが、学生さん枠が10名、大人枠はメンバー先行申し込みをいただいておりますので、先着8名様にて、締め切らせていただきますので、お早目にお申込み下さい。なお、参加は会の趣旨に基づき、福祉従事者を優先させていただきますことをご了承ください参加希望者は、fukufukuupup@gmail.comへ「第13回おしゃべり庭参加希望」と「お名前」「所属」「役職」「メールアドレス」「携帯番号」を明記の上、メールを送付ください。当委員会からの返信をもって、正式な参加決定とさせていただきます。携帯メールをご利用の方は、上記アドレスからの受信が可能な状態に設定をお願いいたします。お問い合わせも、上記のアドレスへどうぞ!定員いっぱいとなる前の、お早目のお申し込みをお勧めいたします。福岡福祉向上委員会は共感の場(福福おしゃべり庭・奇数月)と成長の場(福福セミナー・偶数月)を毎月交互に実施しております。初めてのご参加の方も数多くいらっしゃいます。温かな安心できる雰囲気の中で、福祉の仕事の魅力を再確認してみませんか?心よりお待ちしております。